ホームインスペクションはお済みですか?住宅診断・検査で口コミ評判のいい東京の業者を比較して紹介しています!

中古住宅にホームインスペクションが必要な理由とは?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/23

近年は、東京でも中古住宅が増えてきており、中古住宅を購入したいと考える人も増加している傾向があります。そして中古住宅を購入する場合、ホームインスペクションを導入する人も多くなっています。ではなぜ中古住宅にホームインスペクションが必要になるのでしょうか。その理由をいくつか見ていきます。

事後のトラブルなどを避けるのが大きな理由

東京で中古住宅を購入する前に、ホームインスペクションが必要と考える人が多いのは、金銭的なトラブルや住み始めてからの生活の制限を避けたいからです。通常住宅を購入した後に欠陥が生じた場合には、少なくとも2年間は瑕疵担保責任と呼ばれるものが売り主側にあります。つまり、住宅に住み始めてから目に見えないところで何か問題が生じた場合、売り主はその損害賠償請求をしなければならない決まりがあるわけです。

よくある例としては雨漏りが発生している場合です。東京で中古住宅を購入して住み始めてからすぐに雨漏りが発生した場合などは、売り主側にその責任を追及することが可能になります。そのような意味においては、金銭的なトラブルが解決できるともいえるでしょう。

しかし住み始めてから欠陥が発見された場合には、様々な部分の調査をしなければならず、落ち着いてそこに住むことはできません。また住んでいる部屋を修理しなければならず、生活に制限がかかってしまうでしょう。大掛かりな修理になれば1か月以上かかることもあり、その分ストレスを抱えながら住み続けなければならないわけです。

また、住み始めてから欠陥に気付いた場合そのことを売り主に言うことができない人もいるかもしれません。このような、住み始めてからのトラブルを回避するためにも、まだ住宅を購入する前の段階でホームインスペクションをした方がよいといえます。

問題点を自分たちで見つけることが非常に難しい

東京でホームインスペクションが頻繁に利用され始めている理由は、住み始めてから修理をすることのストレスだけでなく、自分自身で欠陥を発見するのが難しいからです。まだ住宅を購入する前の段階で自分たちで床下を見た時に、白アリがいることを確認できれば、直ちにそれを売り主側に述べるかあるいはそもそも購入に踏み切らない方法が考えられます。

しかし白アリがいるかどうかの確認は素人が行うのはなかなか難しいです。そもそも床下をのぞくといっても、床下収納の部分をどかして床下を見る以外に方法はありません。床下収納をどかして見える範囲は床下全体の一部に限られます。もし目に見えるところに白アリの巣がなければ問題ないと感じるかもしれませんが、実際には目に見えないところに白アリの巣があるかもしれません。

同じように屋根裏を見たとしても、目に見える部分に雨漏りの痕跡がなければそれだけで雨漏りがないと断定してしまうのは危険です。つまり素人が努力して見える部分は非常に限られているのです。

それならば初めから専門の道具などを用いる経験豊富なスタッフにお願いをした方が、確実に欠陥を見つけることができるでしょう。素人では気付かないような欠陥を把握できますので、安心して任せることが可能です。

第三者的な立場から問題点を発見してくれる

ホームインスペクションが必要な理由は、やはりホームインスペクションの業者が売り主側の見方でもなく買い主側の見方でもない第三者的な立場から判断してくれるからです。もしこれが、売り主側に有利なことを述べる業者だとしたらどのような結果が生じるでしょうか。

売り主側としては、可能な限り欠陥があったとしてもそれを隠しておきたいものです。もちろんすべての売り主がそのようなことを考えているわけではなく、顧客のことをしっかり考えてくれる売り主ならば堂々と欠陥を認めて修理をするかもしれません。ですが中には欠陥を隠してでも売却したいと考える売り主がいない訳ではありません。

もしその段階で欠陥が見つかってしまった場合、売り主側と裏でつながっているホームインスペクションの業者ならば「欠陥はありませんでした」と述べるでしょう。なぜならそのように述べなければ、次回から売り主に指名されることはなくなるからです。そうすると、明らかに公平な観点から物事を判断するのではなく、かなり偏ったところから物事を判断していることになり、そもそもホームインスペクションを利用する意味すらなくなってしまいます。

実際には、ホームインスペクションの業者は第三者の立場として公平な視点で見ますので、欠陥があると判断された場合は買い主側に忠実に報告をするでしょう。それと同時に「この家を早く契約した方がよいです」などと契約を促すこともなくなるものです。

 

ホームインスペクションを東京で利用した方がよい理由は住宅の欠陥がある場合に処理が面倒だからです。特に住み始めてから欠陥が生じた場合、売り主側が費用を出してくれるにしても不都合なことが多いです。それと同時に、素人が欠陥を判断することが難しいことも業者を利用する理由になりえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索